2016/7/20

YOICHIRO NISHIMURA​

西村陽一郎  「フォトグラム-光と影が反転した世界-」 後編

※2016年6月24日(金)にみんなのギャラリーで開催したトークショーの内容です。

©写真作品=西村陽一郎  

※みんなのギャラリーでは、様々なアーティストに関する情報をニュースレターメールでお知らせします。

ご登録はこちらからどうぞ。

西村 これは2m以上ある大きなもので、原寸大の人体のフォトグラムなんです。

 

田森 手に持っているのは、、、ナイフですか。

 

西村 そうです、ナイフです。もともと、この撮影の前に、能の「海士」という演目を見まして、主人公を描いてみたいなと思って制作したものです。フォトグラムというのは小さいものもできるけど、大きなものも、印画紙さえあればできるんですね。その代わり大変ですけどね。

 

田森 撮影場所は、ご自身のスタジオですか。

 

西村 そうです。影絵ですから、撮影のための引きの距離はそれほど必要ないですし、撮り方も大きなものでも基本的には同じです。

 

田森 今日は等身大のフォトグラムの撮影現場の写真も用意していただいています。

※以下大型フォトグラム制作風景©東京造形大学写真専攻領域 撮影=石田宗一郎

西村 数年前、東京造形大学のオープンキャンパスのイベントで大型フォトグラムの公開制作をやったことがあって、そのときの写真です。

ちょっとこれ、怪しい感じですね、儀式を行っているみたい。

 

(会場笑)

 

田森 後ろの赤い光も蝋燭立てているみたいに見えますね。

西村 決して私の趣味じゃないんですけど、大学の暗室では白衣を着る決まりになっているものですから。被写体が大きくなると、光を当てる距離があった方がシャープな影ができるので、スタジオにあった箱を積み重ねて、その上に乗ってさらに背伸びをして露光しています。

 

客席から 本当に怪しいねえ 

 

(会場笑)

西村 これは無事に露光が終わって、現像している最中です。大きい印画紙ですので巻いてムラのできないように回転しながら現像液に浸けています。

西村 現像した後、3本つなげて展示しました。ちょっと可愛らしい画になりましたね。

西村 これもやはり大型のものですが、光と影が反転したフォトグラムに同じサイズの別の印画紙を密着させて、上から光を当てると、また明暗が反転して今度はポジになるんですね。影の影ができるという。この写真の場合、人体が白いものもあるんですが、それを原版にしてプリントすると、写真のように人体が黒くなる。ただこのときは、プリントするときに鳥の羽を一緒に挟み込んでいるものですから、ポジとネガが混在しています。私は鳥の羽とか、虫の羽とかが好きで、それを知ってたインコを飼っている友人が、抜毛を、抜羽っていうんですかね、コツコツ集めてくれていて。それを郵便で、何回かに分けて送ってくれたんですよ。大切に取っておいたものがこんなところで役に立つとは思いませんでした。

西村 これは、女性の顔が写っていますけども、実は森山大道さんの写真集と自分の撮影したポートレートによる、写真集のフォトグラムというのを作ってみたんです。きっかけは、ある写真家さんから「古くてもう使えない印画紙があるんだけど、西村さんならフォトグラムで遊んでくれるんじゃないか」といって声をかけて頂いて、もらった印画紙があって。もうだいぶ前に製造中止になっている古い印画紙で、実際試してみると、光を当ててないのに、現像液につけると黒くなっちゃうぐらいの被り方だったんですね。ほんと光も当ててないのに黒くなっちゃって、さてどうしようと。

 

田森 そこで諦めなかったわけですね。

 

西村 そうです、何としてもこの紙を使って描きたいと試行錯誤しまして。現像液の調整とか、光の強さとか、色々とやってみて、何とか画が出るようになったんです。本当は新品であれば純黒調になる紙なんですが、特殊な現像法をしたので赤みが出ています。ただそれが結果的に絵柄とかイメージしたものに近かったので、作品にすることができました。

森山大道さんには、写真集を使わせてもらったので、できあがったものを見てもらったんです。発表してもいいですかと言って。そしたら「これはもう、西村さんの作品なので、どうぞ自由に使ってください」ということになりました。

17歳の頃、友人の家で、森山大道さんの写真集や連載している雑誌を見て、こんな力強い写真があったのかと強い衝撃を受けたこともあり、私の中で森山大道さんは特別な写真家の方です。今回出版された写真集にも解説を執筆いただいて、励みになります。

また、大変ありがたいことに、これまでに7,8枚ほど作品を買って頂きました。

西村 これは自分自身のレントゲン写真でして、3歳のころ、階段から落ちて頭を打って、病院で撮ったものらしいんですけど、家に残ってたんですね。それをフォトグラムにしたものです。当時のことは小さくて覚えていませんけど、嫌がって動くっていうんで、父が首根っこ押さえているので、父の手の骨まで写っているというものですね。

ちなみに頭に問題はなかったです笑

 

客席から 打ち所が良かったんで今こういう作品が作れるようになったんじゃないですか?

 

西村 そ、そうなんですかね。これがきっかけだったのかなあ笑

西村 これはほんとにシンプルな光と影のフォトグラムです。卵ですね。卵型とか丸いものに昔から惹かれていて。シンプルなんだけど、光の量によって立体感を出せたりとか、輝きを出せたりもできます。実はよく見ると、光を当てているときに私が横からじーっと覗きこんでいたので、自分の顔に当たった光が反射して、卵の下のほうに回りこんで、その光も写っています。

西村 昆虫は未だに好きで、これはカマキリの幼虫なんだけども、家の庭の草むしりをしていたら出てきたもんですから、むしった草と一緒にカマキリを暗室に連れていって、その姿を写させてもらったというものです。撮ったあとはまた外に戻しましたけどね。これも何回かに分けて光を当てていて、草とカマキリの影に差がついています。こういうのもね、現像してみないと分からないので、光を当てているときはそういうワクワク感がありますね。

 

田森 頭の中でこうすればこうなるはずというのはあるんですよね。

 

西村 ええ、頭の中には一応あるんですけども、やはりちょっとずれてくるというか、こうなってきたかという驚きが毎回ありますね。

西村 これは見ての通りナメクジなんですが、このナメクジは外から捕ってきたわけではなくて、家で飼っていたカナブンの水槽に、ある日気が付いたらナメクジが這い出てきたんですね。腐葉土にいたみたいで。それがまた可愛かったもんで。ナメクジの歩いた跡が透明なガラスに微かに見えたんです。それを描けないかなと思って。歩いた跡からも時間を感じるし。それでリビングにあった水槽をそのまま暗室に持っていって写しました。

 

田森 撮影のためにどこか地方へ取材に行くとかということではなく、西村さんは自分の生活の中に潜む面白いものを撮っているというか、そこを見つけ出す目線がとても面白いと感じます。ご自身ではそういうものに出会うと、撮りたくてたまらなくなるんですか?

 

西村 そうですね、写真のためにどこかへ、制作のために何かを手に入れる、というよりは、普段の暮らしの中で出会ったものを写していると思います。自分にとっての発見、新鮮な驚きがそこにありますしね。フォトグラムはそういうことを教えてくれるんですね。

 

田森 まだまだ解説いただきたい写真を沢山用意しているのですが、ここで会は一旦終了したいと思います。スライドショーでご覧頂いた以外にも実際の写真を今日は沢山お持ちいただいているので、この後のお時間にぜひご覧下さい。

本日はどうもありがとうございました。

 

西村 ありがとうございました。

(会場拍手)

お読みいただきありがとうございました。

西村陽一郎写真集「青い花」の特設ページもどうぞご覧下さい。こちらからどうぞ

the other artists Interview

​HOME  /  ABOUT  /  EXHIBITION  /  CONTACT  /  MAGAZINE  /  ART BOOK   /   FEATURE

みんなのギャラリー |〒110-0015 東京都台東区東上野4-14-3 2F

Minnano Gallery|2F 4-14-3 Higashi Ueno, Taito-ku, Tokyo, 110-0015, Japan

Tel +81(0)3-6268-9658

ニュースレター登録  | Newsletter Registration 

みんなのギャラリーの展示情報、アーティストに関するニュースなどをお届けします。

We send you an email about exhibition information and news about artists, etc.

©みんなのギャラリー / Minnano Gallery

  • Instagramの - 灰色の円
  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle