佐藤誠高|Naritaka Satoh
Works      About      Exhibitions      Email
 
 

About

1980年愛知県生まれ。

超絶的な写実描写にあえて部分を絵具で塗りつぶすという選択を加え、見えなくなってしまった部分に対する想像の余地を作品に作り出しています。画面上のモデルの目は一様にマスクされており、感情や意見といった内面が出やすいパーツが覆われていることで、ミステリアスな印象を強めています。
見えない部分にこそリアルがあるという作家のコンセプトがそこには込められています。

Born 1980 in Aichi.

Sato uses acrylic paint on top of the image he drew by pencil to make detail of the image partially invisible. In his paintings, eyes which can be read emotions and opinions are always masked, enhancing the mysterious impression.
This is the key concept of the artist that there is a real thing existing in invisible side.

IMG-5406.JPG

#NaritakaSatoh

 

Exhibitions