キャンベルのスープ缶 -WHAT DOES IT TASTE LIKE?-

サガキケイタ

2019年 / ネオシルクスクリーン: Ed 32 / h. 51 × w. 41 cm.

作家解説

キャンベルのスープ缶はアーティスト、アンディ・ウォーホル(1928-1987)の代名詞と言える。そのヴィジュアルイメージは瞬く間に世界中に広がり、現在においてもアートのイコンとして君臨している。アートに詳しくない人でも、赤と白の鮮やかなコントラストのキャンベル缶のイメージは、きっとどこかで目にしたことがあるだろう。

キャンベルのスープ缶をモチーフにした作品は、サイズやカラーなどを変えて様々なヴァージョンが作られている。今回の作品のベースになったスープ缶は、ウォーホル黎明期の1962年に制作、展示された32枚組の連作ヴァージョン(今作のエディションが32なのもこれに由来する)で、当時キャンベル社から販売されていた32種の味の缶が描かれている(例えばトマト、チキンヌードル、クラムチャウダーなど)。今作ではその32種類の味をそれぞれ化身化したキャラクターを描き、さらにキャラクターの内部には食にまつわる様々なイシューやトピックスの画像をコラージュしている。100枚を超えるそれらの画像は世界規模、国家規模のマクロ的なもの(例えば食糧危機、フードロス、遺伝子組み換え食品など)から、個人に帰属するミクロ的なもの(摂食障害、バイトテロ、孤食など)、また文化、宗教、民族、思想に関したもの(捕鯨問題、ヴィーガン、カニバリズムなど)にまでフォーカスした多岐にわたるイメージ群である。その多元的で混沌とした食の事象を並べてみると、食というものが生物において、いかに根源的要素であるかが見えてくる。そして、それら様々なイメージのごった煮を容れたキャンベルのスープ缶は、まさに世界に蔓延する食問題の坩堝(るつぼ)である。

坩堝と化したスープ缶からすくったスープを口にした人にこう尋ねてみたい。

What does it taste like?(どんな味がする?)

Campbell's Soup Cans -WHAT DOES IT TASTE LIKE?-

Keita Sagaki

2019 / Neo Silk-screen : Edition 32 / h. 51 × w. 41 cm 

Commentary by the artist

Campbell's Soup Cans has become a byword for One of the best-known Artist, Andy Warhol[1928-1987]. This image was immediately spreading throughout around the world. Also, it's a icon of contemporary art even today. I guess even people who knows little about art has seen this image somewhere.
His works that has Campbell's Soup Can motif were made in various versions of different sizes and colors. This time, Warhol's work based on my work is a 32 piece series that was created and exhibited in 1962:this is also why my print is edition 32. These pieces were featured 32 flavors sold by the Campbell Soup Company at that time:for example, tomato, chicken noodle, clam chowder, etc. I drew 32 incarnations inside cans of my new work based on those flavors. Furthermore, images of various issues and topics related to food are collaged inside these characters. More than 100 images range from macroscopic images that are regarded as problems on a global or national scale(Scarcity of food, Food waste, Genetically modified crops, etc) to microscopic images that belong to individuals(Eating disorder, Part-time job terrorism, Solitary meal, etc), as well as cultural, religious, ethnic, ideological images(Whale conservation, Veganism, Cannibalism, etc). From enumeration of these pluralistic and chaotic food issues, you can see how food is a fundamental element in living things. And unquestionably, my Campbell's Soup Cans filled with hotchpotch of these diverse images is crucible of food problem that spreads all over the world.

I would like to ask people who ladled soup from crucible cans and ate it.

“What does it taste like?”

​HOME  /  ABOUT  /  EXHIBITION  /  CONTACT  /  MAGAZINE  /  ART BOOK   /   FEATURE

みんなのギャラリー |〒110-0015 東京都台東区東上野4-14-3 2F

Minnano Gallery|2F 4-14-3 Higashi Ueno, Taito-ku, Tokyo, 110-0015, Japan

Tel +81(0)3-6268-9658

ニュースレター登録  | Newsletter Registration 

みんなのギャラリーの展示情報、アーティストに関するニュースなどをお届けします。

We send you an email about exhibition information and news about artists, etc.

©みんなのギャラリー / Minnano Gallery

  • Instagramの - 灰色の円
  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle