観見の二つあり、観の目つよく、見の目よわく、遠き所を近く見、近き所を遠く見る

サガキケイタ

2019年 / ネオシルクスクリーン: Ed 100 / h.103×w.72.8cm.

作家解説

本作品のモチーフは亀倉雄策の1964年東京オリンピックのポスター。初のオリンピック開催を控え、日本という国が経済成長のスタートラインに立とうしていることをまさに象徴するかのようなこのイメージは、当時の人々に大きなビジュアルショックを与えた。またアート、デザイン史という視点でみても世界的に評価が高いこのデザインは、(私を含め)同時代をリアルタイムで体験していない人々の記憶にも様々なメディアを通して刻み込まれていると思う。オリンピックをテーマにしようと思いついたときに、真っ先にこのイメージが思い浮かんだ。 そんな誰もが見たことがあるイメージだが、近づいて見てみると様々なキャラクターが顔を覗かせる。背景のキャラクター達は全てオリンピックにまつわるイメージになっていて様々なオリンピックの競技、また歴代のメダリストやヒーロー達、また古代オリンピックにまつわる神話のキャラクターが散りばめてある。しかし、そんな輝かしいオリンピックのイメージとは対照的な、負の歴史やネガティブなイメージも描き込んでいる。ナショナリズムやコマーシャリズム、フェミニズムや民族などの人権問題、環境問題、ドーピングなどオリンピックが抱える様々な影の部分を同じ画面に共存させることで、オリンピックの矛盾や存在意義を提示したかった。そして来年行われる2020年東京オリンピックについても、賛成反対という二元論ではなく、もっとニュートラルな視点を持ち、少し見方や視点を変えるだけで違ったものが見えたり、新しい捉え方ができるようになったりするのではないだろうか。

As for the two manners of seeing things, observing and seeing, the eye for observing is strong, the eye for seeing weak; seeing distant things as if they are close at hand and seeing close things as if they are distant.

Keita Sagaki

2019 / Neo Silk-screen : Edition 100 / h.103 × w.72.8 cm 

Commentary by the artist

The original of this work is Tokyo Olympics 1964 poster created by graphic designer Yusaku Kamekura. I think this poster is a symbol of Japan's high economic growth period. Also from the perspective of art and design history, it is a highly regarded work. Therefore, it is inscribed in many people's memories. When you look at the work from close, it is composed of various characters. They are all images to be completed in the Olympics. There are various Olympic Games, successive medalists and heroes and Image of myths related to the ancient Olympics. However, at the same time, negative history and images of the Olympics are also drawn. Make the light and shadow of the Olympics coexist by drawing the nationalism, commercialism, feminism, ethnic rights and other human rights issues that the Olympics faces, and environmental issues, doping. I would like to submit the contradictions and significance of the Olympics by this. And about the 2020 Tokyo Olympics next year. We need to have a more neutral perspective, not a dualism of favor or opposition. I think that we can see different things by changing the point of view a little, and we will be able to take a new look.

​HOME  /  ABOUT  /  EXHIBITION  /  CONTACT  /  MAGAZINE  /  ART BOOK   /   FEATURE

みんなのギャラリー |〒110-0015 東京都台東区東上野4-14-3 2F

Minnano Gallery|2F 4-14-3 Higashi Ueno, Taito-ku, Tokyo, 110-0015, Japan

Tel +81(0)3-6268-9658

ニュースレター登録  | Newsletter Registration 

みんなのギャラリーの展示情報、アーティストに関するニュースなどをお届けします。

We send you an email about exhibition information and news about artists, etc.

©みんなのギャラリー / Minnano Gallery

  • Instagramの - 灰色の円
  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle