ALLIANCE アライアンス―人と企業が信頼で結ばれる新しい雇用

リード・ホフマン;ベン・カスノーカ;クリス・イェ  訳:篠田 真貴子;倉田 幸信

 

ダイヤモンド社、2015年7月10日

ゲストの選書理由

著者はペイパル・マフィアの一員で、リンクトイン創業者のリード・ホフマンら。「アライアンス」という雇用形態では、企業と社員がお互いの希望を語り合い、その人にあった仕事を探ります。そして期間を決めてその仕事に取り組む。期間が終わったらお互いに次の仕事を相談し、その人が次にやりたい仕事がなければ他社に移る。その場合でも、元社員と企業との関係も今後も続く。「金銭的な報酬」ではなく「信頼」「対等」で結ばれる企業と人の新しい雇用関係を描いた名著。

 


高橋龍 Ryu Takahashi

"着るアート"をコンセプトにヴィンテージteeを関連カルチャーとともにpopup形式で展示販売する"anytee"のオーナー。
本業は新規事業のコンサルとユニークでニッチな領域の起業支援を行う企画投資カンパニーを経営。

 

instagram:anyteeshop
www.anytee.shop

 

この本の対象になったアート作品について

鎌倉現代書店ページに戻る